伝統文化の着付け

着付けの伝統

着付けの資格を生かして働く

着物の着付け教室で取得できる資格には以下のようなものがあります。
3級講師、2級講師、1級講師、着付け技能士です。
3級は人に着せてあげられるぐらいのレベルです。
1級は教室運営や生徒に教える技術、花嫁衣装の着付け技術も学べます。
着付け技能士は国家資格である技能検定制度の一種です。
1級と2級があり、1級取得のためには実務経験が5年、大学・短大卒業の場合は3年必要になっています。
着付けの仕事をするためには技術だけでなく、生地や染めなど着物についての理解を深める必要があります。
接客技術も大切です。
高度な技術を身につけると成人式や結婚式などで活躍することができます。
特に都市部の結婚式場が多い地域では活躍する場も増えます。
毎日はなくても定期的に仕事が入るので、パートとして働けます。
年齢が高くなっても働けるので、会社に縛られず、フリーな仕事がしたい人にはお勧めできる仕事です。
腕が勝負の世界なので、ある程度学んだら実践を積んで、実績を作ることが大切です。

着付けの資格を取る方法とメリット

最近は着物を着る機会の少ない人がほとんどという世の中です。
しかしながら、結婚式や葬儀、成人式や卒業式など着物を着る必要がある、または着たいと思うようなイベントがあります。
着物を着るのが頻繁だった時代においては、着付けの方法は母から子へと受け継がれるものでしたが、現在は自分で着物を着ることのできる人が稀なので、着付けの方法を学びたいならスクールや教室に通ってその方法を知るのが一般的になっています。
それほど着付けは特殊な技術になっており、着物に関する知識や技能を身に付ければ資格取得も可能です。
各スクールで認定している資格や最近では国家資格である、着付け技能国家検定も登場しています。
教室の講座では、初心者から順に段階を経て技術を学べるようになっており、教えられるようなレベルの資格を取得すれば、着付け師という道も開かれます。
結婚式場や和装美容室、葬儀場、写真館などで活躍できるほか、個人で教室を開くということも可能になります。

check

2017/8/10 更新