伝統文化の着付け

着付けの伝統

着付けが美しく見えるコツ紹介

着物の着付けというと、とても難しく、自分でやってみるとなるとなかなかうまくいかないイメージがありますよね。
しかし、着付けの基本をおさえ、さらに少しのコツさえ覚えておけば、ぐんと上手く着られるようになるんです! では、ひとつめのコツですが、
本格的に着付けを始める前に腰のあたりにタオル等を巻き、補正をして、なるべくフラットな状態にしてから着物を着ることです。
そうすることで、帯をしっかり締めても息苦しくなく、かつ着崩れも防ぐことができるのです。
そしてふたつめは、襟元をきちんと合わせるということです。
特に若い人が着る場合、襟元が開いていると過剰にだらしなく見えてしまいます。
鎖骨の間辺りを目安に合わせ、開いてこないようにベルトでしっかり締めましょう。
また、このときに半襟が左右均等に出ているように見えているかもチェックします。
あとは全体のバランスとして、お端折りや裾の長さを全身鏡を使って丁寧に見ていきましょう。
着物を着付ける際、どこかおかしいところがないか、常に考えながら着付けの練習をするのが一番の上達法です。

きれいに着る着付けのコツ

着付けの順番は下着、足袋、襦袢、着物、帯の順番で着付けをしていきます。
下着は襟もとから見えないように襟ぐりが深いものを着るようにします。
夏の下着は汗取りもかねてステテコを着用すると便利です。
襦袢を着る前に足袋をはきます。
着付けがすべて終わってから足袋をはくと着くずれの原因となりきれいに着付けができなくなります。
着物をきれいに着るコツは一番下に着る長じゅばんをきちんと着る事が大切です。
襟の抜き加減と襟あわせは丁寧にする事がきれいに着るコツです。
衣紋の抜き加減はこぶし1つ分といわれていますが体型やヘアスタイルなどにあわせて調節します。
胸元は平になるように補正しておくと着くずれがなくなり襟元がきれいです。
長じゅばんをきちんと着る事がコツです。
上に重ねる着物をきれいに着る事ができます。
着物は背中心が背中中央に来るようにあわせます。
着物の裾線をきめてから紐を緩まないように締めます。
帯の位置により全体の印象が異なりますから慎重に位置決めをします。
最後にしめる帯締めは帯を締める大切なアイテムです。
ゆるいと着くずれに原因になりますから注意が必要です。
着付けが簡単にできるベルトなど便利グッズを使うと時間も短縮されきれいに着る事ができます。

注目サイト

ノベルティの販売

Last update:2017/8/10